【新設定】5/15発 英語で過ごす2日間 <英語で備前焼にチャレンジ編>(岡山※伊部駅発・岡山駅着)

お知らせ,国内

当コースは、2021/1/29に新設いたしました。
同日で募集をしておりました「英語で過ごす2日間<英語で備前焼にチャレンジ編>」とは、集合時刻・食事回数・金額が異なります。
遠方の方にもご参加していただきやすいように、初日の集合時刻を少し遅らせ、自由時間に各自でお食事をしていただく行程になっています。

英語で過ごす 2日間 テーマ:英語で備前焼にチャレンジ編

備前焼:伊部の街  写真提供:岡山県観光連盟

AMC101では、日本が誇る伝統や文化を体験し、英語で発信することを目指す体験型英語企画をスタートします。
第一弾は陶芸。日本六古窯の一つで、独特の土味で落ち着いた風格のある備前焼づくりに挑戦します。初日は、備前焼の町伊部に集合。窯元をお伺いし、その歴史と伝統を見て、聞いて、学びます。自由時間を設定していますので、周辺の窯元見学とショッピングや自由昼食をお楽しみください。後半は宿泊施設で、陶芸と備前焼をどう英語で表現するかを学び、話してみましょう。2日はいよいよ作陶に挑戦。プロの陶芸作家を講師にお招きし、通常の2倍の量の土とたっぷりの作陶時間をご用意。おつくりになった作品は、後日火入れをしてご自宅にお届けします。陶芸を切り口に、日本文化を英語で伝えられるようになりたいという皆様のチャレンジをお待ちしています。

【日程】   
2021/5/15(土)~ 16(日)

【事前・事後Zoom講座】※日程が確定し次第発表

事前講座(Zoom):5/ 6(木)~11(火) のいずれかに開催予定 
事後講座(Zoom):5/21(金)~25(火) のいずれかに開催予定 
(各回:所要約30分・無料)
※Zoomの利用が初めての方、操作方法に自信のない方は、講座までにZoomの使用法について無料レクチャーをいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

2月末にAMC101スタッフが下見にいってきました

窯元見学の下見として、備前焼の窯元を代表する六姓窯元の一つ「桃蹊堂」にお伺いし、現当主の二十五代 木村桃山である木村 憲次さんに窯をご案内いただきました。
桃蹊堂は500年以上続く由緒ある窯元で、代々天皇家に備前焼を献上してきた御用達の窯元でもあります。
昭和天皇に献上した備前焼を焼いた窯は現存していませんが、その煙突だけは今も桃蹊堂のシンボルとして残してあります。
備前焼を製作するための手作りの道具や、250年以上前の備前焼も間近に見ることが出来き、そのお話と相まって大変濃密な時間でした。

5月に行うこのプログラムでは、木村憲次さんのご子息である二十六代 木村桃山 木村英昭さんにご案内いただきます。英昭さんは大学で外国語を学んだ後、本格的に陶芸の道へ。バルセロナへの留学経験を生かして海外での展覧会も行い、英語、スペイン語を使いこなすトリリンガルです。木村英昭先生による英語での窯の案内もこのプログラムのおすすめのポイントのひとつです。

【対象】
◆英語学習に興味のある50歳以上の方 
◆楽しみながら英語を学びたい方
この企画のおすすめポイント
◆自分の国のことを英語で伝えるることができるようになりたい方

英語で過ごす 2日間 ~英語で備前焼にチャレンジ編①~
【お支払い金額について】
◆旅行代金:大人おひとり様・男女別相部屋利用 24,000円
 ※個室ご希望の方はお問合せください。

【スケジュール】
1日目伊部駅(10時10分)集合
伊部地区の窯元見学(説明は英語予定)・ショッピング。窯元見学、自由食=研修施設送迎バス=
牛窓港~🚢~前島フェリー~🚢~前島港=カリヨンハウス着。
(着後、英語レッスン。六古窯と備前焼きの歴史、陶芸にまつわる英語表現を学習。)
夕食後、特別レッスン:陶芸や陶器にまつわるテーマ)
牛窓研修センター カリヨンハウス【泊】
2日目午前:プロの陶芸作家を講師にお招きし、備前焼きづくりに挑戦。
昼食後、講座の振り返り
宿出発=前島港~🚢~前島フェリー~🚢~牛窓港=
岡山駅(16時頃解散予定)

【集合解散地】集合:伊部駅/解散:岡山駅
 ※当企画では、宿舎の送迎バスを利用いたします。
 ※出発解散の地までの移動手段が必要な方は、弊社までお気軽にお問合せください。
【最少催行人数】10名様(定員20名様)
【食事条件】朝1昼1夕1
【添乗員】初日伊部駅より2日目岡山駅まで同行します。
【宿泊地】牛窓研修センター カリヨンハウス
 〒701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓6356−57

【旅行企画実施】株式会社ティエラコム カリヨントラベルサービス
お申込みから出発までの流れについての詳細はお問い合わせください。