【募集中】5/8発 教養講座 城と歴史を巡る2日間(岡山)

城と歴史を巡る  2日間

山城である備中松山城と平城である岡山城。岡山を代表する2つの城から見えてくる、歴史を紡ぐ不思議な糸。歴史の深淵に触れる楽しさを味わい、好きな角度から深堀してみましょう。夜にはゲスト講師として日本の城を知り尽くした城郭ライター萩原さちこさんをお迎えし、皆さんの学びを更に深めていきます。このテーマを英語で伝えるためのワンポイントレッスンもご用意。五感を総動員しての城と歴史への挑戦を愉しんでみてはいかがでしょうか。

  備中松山城 提供:(一社)高梁市観光協会 

【設定日5/8(火)-9(日)
【対象】◆50歳以上の知的好奇心旺盛な方
    ◆歴史や文化などに興味があり、より深く学びたい方
    ◆城郭ライター 萩原さちこさんのファンの方

ポイント📝🖊️

①城郭ライター萩原さちこ氏が一部行程に同行
より理解を深めるために事前・事後にオンラインセミナーをご用意

参加者には、萩原さちこ著「日本100名城めぐり」をプレゼント
夜には、萩原さちこさんからのプラグラムの振り返りの時間も用意

講師:萩原 さちこ氏
萩原 さちこ氏

城郭ライター、編集者。公益財団法人日本城郭協会理事・学術委員会学術委員。小学2年生のとき城に魅せられる。執筆業を中心に、講演、メディア・イベント出演、アドバイザー業務など行う。
著書に「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)、「戦国大名の城を読む「(SB新書)、「日本100名城めぐりの旅」(学研プラス)、「お城へ行こう!」(岩波ジュニア新書)、「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)、「江戸城の全貌」(さくら舎)、「城の科学〜個性豊かな天守の「超」技術〜」(講談社ブルーバックス)、「立地と地形から読み解く戦国の城」(マイナビ出版)、「続日本100名城の旅」(学研プラス)など。
現在の連載は、文藝春秋「一城一食」(毎月9日発売)、朝日新聞デジタル&TRAVEL「城旅へようこそ」(毎週月曜日更新、無料)、など。
ほか、新聞や雑誌、WEBでの連載、共著、監修多数。

【城と歴史を巡る 2日間(岡山)スケジュール】
1日目岡山駅(9時発)=備中松山城
(日本100名城、片道徒歩約20分の山道を歩き、城郭見学)
=高梁観光駐車場・・・頼久寺・武家屋敷・旧折井家(自由見学)
・・・高梁観光駐車場=薬師院・松連院(見学)=
牛窓港~🚢~前島港=宿着
(着後、講師の萩原さちこ氏も合流し、振り返りの講習)

牛窓研修センター カリヨンハウス【泊】
2日目宿(9時頃発)=送迎バス=大坂城築城残石群(見学)
=前島港~🚢~牛窓港=備前長船刀剣博物館(見学)
=妙興寺(拝観)=昼食=岡山駅(15時半~16時頃着)

※行程2日目は、講師萩原さちこ氏も同行予定です。

1日目

備中松山城
備中松山城 
※写真提供:(一社)高梁市観光協会

岡山県高梁市にある備中松山城国指定の重要文化財です。全国には、天守が残っているお城が12城(現存天守12城)あり、備中松山城はその一つに数えられています。中でも、備中松山城は、天守が現存する唯一の山城として非常に人気です。鎌倉時代、有漢郷(現高梁市有漢町)の地頭秋庭重信が大松山に城を築いたのを起源とし、1683(天和三)年に水谷勝宗によって3年がかりで修築され、今の天守の姿になりました。

頼久寺
頼久寺(5月)
※写真提供:(一社)高梁市観光協会

足利尊氏が諸国に命じて建立させた安国寺の一つ、頼久寺。
庭園は国指定の名勝となっています。庭園は備中国奉行として当地に赴任していた小堀遠州が築いた枯山水で、遠州庭園の原点が見える庭として注目されています。江戸初期の完成で、桃山後期の特徴が表れており、そのままの姿で保存されているのも貴重です。

牛窓研修センターカリヨンハウス
牛窓研修センター カリヨンハウス(秋)

宿泊は、岡山県瀬戸内市、自然豊かな前島にある牛窓研修センター・カリヨンハウス。太陽の光をいっぱい浴びたヘルシーでおいしい食事が好評です。夜は、講師で城郭ライターの萩原さちこ氏も合流し、振り返りの講習会と懇親会の時間も用意しています。

2日目

大坂城築城残石群 と 前島展望台
大坂城築城残石群

瀬戸内海に浮かぶ小さな島、前島(岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓)にある大坂城築城残石群と展望台を訪ねます。江戸時代(1620年~1629年)に再建した、大阪城の石垣用の石を切り出す石切丁場の遺跡で、残石の中には刻印が刻まれたものがあり、これが大坂城の石垣に刻印されているものと同じであることから、松江藩堀尾家や鳥取藩池田家が前島の石切丁場に関わったことが分かります。この石切丁場跡から山頂へ向かうと、標高130mの木造の展望台から、牛窓港や本土の山並みを一望。島ならではの風景を楽しむことが可能です。

備前長船刀剣博物館
展示物の一例
写真提供:備前長船刀剣博物館

備前長船刀剣博物館は、岡山県瀬戸内市長船町にあります。備前長船は平安時代から現代まで歴史がある刀剣の産地として非常に名高く、特に鎌倉時代から室町末期にかけて多くの刀鍛冶が住んでおり、福岡一文字をはじめとして数々の名刀を作り出した町として知られています。名刀を生んだ町にある日本刀を専門に展示する全国でも珍しい博物館を訪ねます。

【集合解散地】岡山駅(9時出発/15時半-16時頃解散)
 ※貸切バス・送迎バス・ジャンボタクシー等を利用いたします。
【最少催行人数】10名様(定員20名様)【添乗員】同行いたします。
【宿泊地】牛窓研修センター カリヨンハウス
 
【利用予定バス会社】備北バス、両備観光バスのいずれか
    ※一部行程でジャンボタクシー及び宿泊施設の送迎バスを利用いたします。
【旅行企画実施】株式会社ティエラコム カリヨントラベルサービス
 お申込みから出発までの流れについての詳細はお問い合わせください。

城と歴史を巡る 2日間 お支払い金額について】
◆旅行代金:大人おひとり様・男女別相部屋利用 39,800円
 ※旅行代金には諸税・サービス料が含まれています。

【旅行企画実施】
株式会社ティエラコム カリヨントラベルサービス
詳細の行程についてのお問合せやお申込み、パンフレットのご請求はカリヨントラベルサービスまでTEL:0120-863-501/営業:平日9時-17時/土日祝休み)お願いします。
お問合せは、下記の専用フォームからも可能です。

国内

Posted by travel